2005年12月08日

LPレコード

PC080458.JPGPC080457.JPGPC080456.JPG
高校生のころ、当時はLPレコードでしたが、一枚買うと小遣いのほとんどがなくなってしまうような値段でした。
でもその一枚のアルバムを擦り切れるほど聞いて、ライナーノーツも隅々まで読んだものです。
大人になって、多少お金にも余裕が出来て、好きなCDなんか気軽に買えるようになって、でもあのころほど深く聞いていないなあ。
曲のタイトルすら出てこないときがあるもの。
聞き方にも変化があって、高校生のころは一枚のアルバムの中の特に好きな曲を繰り返し聞いたものです。当時は針でしたから、同じところに何度も戻して。
今は一枚のCDをセットすると全体通して聞くことが多いですね。
その後、レンタルショップが出来て、図書館でも借りられるようになって、次々新しいミュージシャンが現れ、音楽的にはものすごく豊かになりました。
それに反比例するように、聞き方が浅くなってきたような気がする。
久しぶりにLPレコードを聴いたら、驚くほど音が貧弱で、半分聴いたらひっくり返さなければならないし、こんなに面倒なものだったかと思いました。
でもねえ、音楽の豊かさというか、心の中に残っている曲はそういうこととは関係ないような気もするんですよ。
一枚のLPレコードを大切に扱って、ターンテーブルに載せたらチリをふき取って指紋もつけないように細心の注意をはらって、儀式のように正対して聞いたものです。
なんだか、年寄りの昔話みたいになってきたかな・・・
今日はジョン・レノンの命日ですね。
中学高校のころ、どちらかと言えばサイモンとガーファンクルやカーペンターズの方を多く聴いたけれど、アルバム「レットイットビー」は今も私の宝物です。合掌
posted by きらり at 11:25| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!LPレコードというタイトルに引っかかって来ました!笑
たしかにレコードの味ってCDとかとは違いますよね。今ではネットで音楽が落とせたりと、凄く便利になったのは間違いないんですが、「聞き方が浅くなった」、これには共感できる部分があります。
ただ、同じレコードでも、例えば最近のHIPHOPのものと、昔のSOUL何かを比較しても、何かそれと似たような印象を受けることもあります。音楽業界全体の流れがこういうところにも現れているんでしょうか…HIPHOPでも昔のものは大好きですが^^;

家でレコードを流してソファーでまったり、、こんな聞き方を聞く人が今じゃ少ないのかもしれませんね。そんな僕もまだまだ若いですけど!笑
Posted by YOSHI-KEY at 2005年12月10日 05:00
はじめましてYOSHI-KEYさん
アナログレコードが復活したり、昔の曲がリメイクされたり、良いものはいつになっても良いということでしょうか。
選択肢がふえたことは喜ばしいとおもっています。
また遊びに来てください。
Posted by こだて at 2005年12月10日 21:05
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。